深津絵里は歌うまい?声も綺麗!アイドル歌手時代の過去や人気CM(動画)

女優
Pocket

アラフォーとは思えない可愛さの深津絵里さん。年齢を重ねても劣化せず声もキレイですよね。若い頃は「高原里絵」「水原里絵」として、歌手デビューもしていて、歌も上手いと定評もあり、映画「素敵な金縛り」では西田敏行とのデュエットも披露!深津絵里の人気の秘密は?若い頃の画像や、CMなどもみてみましょう。

AD
広告

スポンサーリンク

深津絵里の歌手時代は歌が上手い?(動画)

 

大分出身の深津絵里さんは、

高校進学で上京し『私立日本音楽高等学校』に入学

AD
広告

後に堀越学園へ編入しています。

 

1988年公開の映画『1999年の夏休み』で、「水原里絵」でデビューしました。

同時期に「高原里絵」名義でも、アイドル歌手としてもデビュー。 

 

女優と歌手を2つの名前でデビューとは?どういう理由で?

 

水原名義の設定では、少し影のあるミステリアスなイメージ。

高原名義の時には、ボーイッシュで活発なイメージを曲と併用して使い分けていた。

 

 

高原里絵でアイドル歌手デビューし、

1988年から1992年までに7枚のシングルと2枚のアルバムを出しています。

 

「高原里絵」さんの歌声が気になりますよね。

深津絵里 映画「満月のくちづけ」紹介&「マリオネット・ブルー」

 

1989年には、「7つの涙」「アプローチ」で

ミュージックステーションに出演したこともあるそうです。

 

残念ながらアイドル歌手としては、売れなかったようですが

女優 深津絵里として1989年映画「満月のくちづけ」で

『第9回ローマ国際ファンタスティック映画祭』の最優秀主演女優賞

に輝き、女優業が忙しくなったようです。

 
深津絵里の歌の上手さは、定評があり様々な舞台や映画でも歌っています。
 

深津絵里の若い頃 アイドル歌手時代(画像)

 

 

1988年リリース曲『マリオネットブルー』

 

 
 
1988年同時リリースの『YOKOHAMAジョーク』

映画『ステキな金縛り』で西田敏行とデュエット!

 

深津絵里と西田敏行がスペシャルユニットを結成し、

自身が出演する三谷幸喜監督最新作

『ステキな金縛り ONCE IN A BLUE MOON』の主題歌を担当することが明らかになった。

映画のサブタイトルでもある「ONCE IN A BLUE MOON」と名付けられた主題歌は、

三谷監督自らが作詞を手掛けたオリジナルソングで、サントラとして発売を予定しているが、

「できればシングルカットして、紅白を目指したいです」と三谷監督

https://www.cinematoday.jp/news/N0033793

 

西田敏行さんは、『もしもピアノが弾けたなら』など、歌手としても活躍していました。

(動画の中盤以降に、歌声が聞けます)

ステキな金縛り[予告]

深津絵里さんの声は、透明感がありますよね!

深津絵里 映画『マジックアワー』の歌声がきれい!!

 

映画マジックアワーでも『I’m forever blowing bubbles』で歌声を披露しています。

Eri Fukatsu sings "I'm Forever Blowing Bubbles" in "The Magic Hour"

若い頃よりも声に透明感があってステキです。

深津絵里の人気CM

 

深津絵里 JR Expres CM (1988年)

 

CM JR東海 X'mas Express 深津絵里 1988年

1988年 深津絵里が一躍有名になったCMです。

深津絵里 パンのCM (2014年)

 

【CM】Pasco 超熟 2014 深津絵里

蒔田彩珠ちゃんとのも出演していたパスコのCM 

深津絵里 大和ハウス CM(2017年)

大和ハウス CM 深津絵里 リリーフランキー 「ここで、一緒に もしも」篇

このまま50代に突入しても変わらないのでしょうね!

 

AD
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました