ローラの生い立ちや父親の現在、幼い頃母親との生き別れと再会(画像)

モデル
AD
AD
Pocket

ローラの生い立ちは複雑で、日本人とロシアのクォーターの母親とは25年ぶりに再開したのだという。父親ジュリップ・エイエスエイ・アルはバングラデシュ人で事件を起こし逮捕歴もあり複雑な家族構成。双子の兄弟とのインスタや家族写真も生い立ちについて調べました。

AD

ローラの幼少期の写真

 

30歳の誕生日にインスタを投稿し、コメント欄に幼い頃の自分の事を書いていました。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by (@rolaofficial) on

 

私と双子の兄弟の誕生日です
きょうはわたしと双子のお兄ちゃんのお誕生日。
小さい時おたがいベンガル語しかはなせなくて日本の学校に入っても顔の表情や手の動きでしかみんなとコミュニケーションできなくて、、教科書も読めなくて、、お互いお互いっっつもポジティブに考えていたから何か大変な事があっても一緒に乗り越えてきたんだ(^ u ^)

引用https://www.instagram.com/p/B-VMQdWJKe8/?utm_source=ig_embed

 

ローラの生い立ちを見ていきましょう。ベンガル語ってどこの国?ローラの国籍ってどこ?

ローラ父親の国籍はバングラデシュ!逮捕された事件とは?マフィアとの関係が?

 

 

ローラさんの父親は2014年に詐欺容疑で2度も逮捕されています。

父親のジュリップ・エイエスエイ・アルの国籍はバングラデシュ。

容疑内容は、母国のバングラデシュでデング熱で入院したと偽りの報告をし、国民健康保険の海外療養費制度を悪用するように知人男性に持ち掛けた容疑がかけられていました。

海外療養費をだまし取った詐欺容疑です。

海外療養費、約167万円の詐欺は3件。

バングラデシュに滞在していた父親は国際手配までされました。

 

 

悪質な詐欺罪ですが、逮捕にいたるまではジュリップ氏は出頭要請に応じず逃亡していたそうです。

 

ローラの父親は詐欺罪だけではなく不法就労の疑いも

 

同年11月発売の週刊文春で、父親が同胞のバングラデシュ人の不法就労の斡旋に関与しているとの疑惑が報じられました。
ローラの父親は、2000年頃大田区蒲田の雑居ビルでインドカレー屋を営んでいました。
その時従業員として働いていたのが、ローラの伯父のカマロと、従兄のバベルでした。
彼らは、母国のバングラデシュでの苦しい生活から脱出したくて、親族のジュリップを頼って日本に来たのです。
ジュリップから、300万円用意すれば日本での仕事を斡旋すると言われ、その通りに金を払ったものの、ありつけた仕事は、ジュリップが経営するカレー屋の店員でした。
住む部屋も与えられず、店に寝泊まりする生活で、賃金は日払いの手渡しという劣悪な労働環境でした。

引用https://matome.naver.jp/odai/2140643454859131201/2140643721560262803

 

その後、出頭した父親は有罪判決を受け、損害賠償金など計500万円をローラさんが立て替えています。

ただ、父親は報道陣の前で

 

父親、自由奔放すぎる。

広告

ローラ父親の現在

 

事件後、ローラが距離を取っているとも言われている。

父親の逮捕での謝罪コメントでは「父親の責任は私が果たす」と言っていたローラは父親を守っているのではないでしょうか。

現在ローラはロスを拠点にしており父親の話題には触れていない。

父親は悪いことしてなければいいのだが・・・。

AD

ローラ実母親は日本人とロシアのクォーター!ママとの再会

 

ローラさんの両親は、ローラさんが1歳のときに離婚し、家を出たまま音信不通となっていました。ローラさんは当時を振り返り、「心の中で捨てられちゃったという気持ちがずっとあった」と語っていました。

 

2015年、実に25年ぶりに実母との再会を果たしています。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by (@rolaofficial) on

 

ローラさんはバングラデシュ人の父親と、日本人4分の3、ロシア人4分の1というクォーターの母親の間に誕生しました。

「本当のお母さんに会った」と嬉しそうに話していたそうです。ローラさんの実母は仕草も自分に似ていたそうでう、親子だなあと感じる部分が多かったそうです。再会してからは、ローラさんが忙しいときに自宅へ手伝いに来てくれたり、事務所独立騒動のときも支えてくれたそうです。

AD

ローラの幼い頃は貧乏だった

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by (@rolaofficial) on

 

ローラさんは6歳までバングラデシュで生活をしており、父親の再婚相手となった中国人女性と暮らしていました。

日本では、家賃が数万の団地に住んでいたそうです。

その家族の人数は、父親、継母、双子の兄、父親と継母の間に生まれた双子の兄弟、継母の父母(義理の祖父母)・・・という合計8人で生活していたのだとか。

日本語が離せない状態で小学校に通い、身振り手振りでコミュニケーションをとっていたそうです。

貧しかったからか、周りの友達が持っているものを羨ましく思うこともあったそうです。

ローラの双子の兄弟ryoもモデル インスタ画像がかっこいい! 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by (@rolaofficial) on

 

ローラさんの双子の兄の名前はRYOさんといいます。

ローラさんのインスタににRYOさんの写真が公開されると、ファンからは「かなりイケメン!」「似ている」と興奮した声があがっていました。

双子の兄とは一卵性双生児で、ローラさんにとってRYOさんは幼いころから一緒にいるかけがえのないパートナーだそうです。

RYOさんはモデルの仕事をしているのですが、コンピューター関係の会社にも勤めているとの噂です。

広告
AD

ローラは双子家系 継母も双子を出産

 

 

ローラさんの本名は「佐藤えり」という日本名です。

中国人の継母が出産したのも双子だったそうです。

幼い頃から双子の兄が心の支えだったそうです。双子の絆は特に強いのでしょうね。

 

AD

コメント