重岡大毅 大学辞めた?出身地中学校は?性格悪そうってホント?

ジャニーズ
AD
Pocket

ジャニーズWEST重岡大毅さんの出身地中学校や大学、メンバーとの身長差、詳細プロフィールピアノ歴やドラマの演技力評判は?ジャニーズwest重岡大毅と結婚したい!というファンも多いのでは?重岡大毅さんの性格や魅力を調べました。 山崎育三郎とも似てる気も。

スポンサーリンク

重岡大毅プロフィール 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @nnnnn_o_n on

 

名前:重岡大毅(しげおかだいき)
生年月日:1992年8月26日(2020年現在27歳)
出身地:兵庫県
血液型:A型
身長:173cm
ジャニーズWESTメンバーカラー:赤

 

高身長揃いのジャニーズWESTの中で、2番目に背が低いのが重岡大毅さん。

184cmと1番高身長な小瀧望さんとは10cm近くの身長差があります。

 

スラリとしたメンバーが多いジャニーズWESTなので、背が低い重岡大毅さんをセンターポジションに置くことで、全体のバランスもいいですよね。

 

 

長らく大阪出身と言われていた重岡大毅さんは、2018年2月にテレビ番組で兵庫出身であると発言してから、プロフィールなども兵庫県出身と一新されています。

実は、

ジャニーズJr.時代に「兵庫」という漢字が書けなくて「大阪」とプロフィールに書いてしまい、その後訂正するタイミングがなく、ずっと大阪出身ということになっていたんだとか。

重岡大毅の出身地は兵庫県 出身中学や高校は?

 

中学校は川西市立東谷中中学校に通っていたそうです。

デビュー後にテレビ番組で「平木谷公園」という公園を実家近くの公園として紹介したことから、兵庫県の川西市出身とされるようになりました。

 

 

重岡大毅さんの出身高校は兵庫県立川西北陵高等学校出身だそうです。

AD

平木谷公園で重岡大毅は古田敦也に野球を教えてもらっていた

 

行列ができる法律相談所に出演した時のことです。

重岡が小学生の頃に、近所の公園で砂嵐に巻き込まれた少女を助けた「メガネのおじさんがいる」と噂になっていた。

放課後、その噂を確かめに公園を訪れると、“メガネのおじさん”に遭遇し、野球を教えてもらったという。

数カ月後にテレビで野球中継を見ていた重岡は、そのメガネのおじさんが古田敦也にそっくりだということに気が付いて、同級生に「メガネのおじさんは古田選手だった」と言っても信じてもらえず、それが20年間気になっていると告白した。

重岡は「今まで、ずっとこのことを自慢し続けてきたので、ホンマじゃないと僕困るんです!」と主張。そこへ古田がサプライズで登場した。

重岡は古田と思われる人物と会ったのが「平木谷公園です」とコメントすると、古田は「実家に帰った時に、いつもその公園で練習していました」と返答。

引用https://thetv.jp/news/detail/193128/

 

古田敦也さんの実家も兵庫県川西市なのでご近所だったんですね。

 

AD

重岡大毅 デビュー当時 ダンスが下手だった?

 

現在は東京を拠点にしている重岡大毅さんは、実家に帰省した時の事の事をこう語っています。

 

「近くにおったおかんに『Jr.のときは雨戸にごみ袋を貼って、ようダンスの練習してたなぁ』って言われて、いっきに当時の記憶が蘇った。

家にでっかい鏡がなかったから、ガムテープで黒のごみ袋を雨戸一面に貼って、それを鏡代わりにして練習してたんよ。黒やと光が反射して自分の姿がよう見えるねん(笑)

あと、夜に窓ガラスに映る自分を見ながら練習をしてたこともあったな」と、

下積み時代を回顧。

ジャニーズ入所時はダンスがうまくできず「ずっと怒られてばっかり」だったそうで、克服するためにガムシャラに自主練していたとか。

引用 https://jmania.jp/201710/57557.html

努力家なんですね。

重岡大毅ジャニーズ入所理由やきっかけは?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 重岡大毅のファン (@daikishigeoka) on

 

重岡大毅さんは中学2年生だった2006年10月8日にジャニーズ事務所に入所しました。

ジャニーズに入るきかっかけは、職業体験で同じ班になった女子から勧められたことでした。

その後軽い気持ちで、同じ班の男子と一緒に履歴書を送ったところ、半年後に重岡大毅さんだけに合格通知が来て、関西ジャニーズJr.として活動をスタートさせました。

ちなみに、同じタインミングで入所したジャニーズには、中山優馬さんや、同じジャニーズWESTの藤井流星さんがいます。

中学時代の重岡大毅さんはかなりモテていて、卒業式には学ランのボタンが全部なくなるほどだったとか。ダンス未経験にも関わらずジャニーズに合格したという逸材ですから、モテモテだったのも頷けますね!

 

AD

重岡大毅は大学 辞めた?

 

 

2011年からは大学にも通っていて、「大学のレポートが大変」「大学時代にワープロの資格を取得した」といった発言を雑誌インタビューでしていました。

 

通っていた大学については、「マスメディアの授業が楽しい」という発言から、追手前学院大学のメディア・芸術学部に通っていた説が濃厚ですが、他にも関西大学や大手前大学といった名前が挙がっています。

 

これらはネットで囁かれている情報であり、同じ大学だったという人もいますが真偽不明のため、確かな情報とは言えませんね。

 

ただ、大学の話をいつの間にかしなくなったことや、卒業については何も語っていないこと、同じグループの中間淳太さんが「グループ内唯一の大卒でブレインです」と自己紹介していることから、重岡大毅さんは大学を中退したのではないかと噂されています。

重岡大毅の家族や兄弟は

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by おしげ。 (@west_sige0826) on

 

重岡大毅さんには、3歳年上の「さち」さんというお姉さんがいます。

コンサートや雑誌インタビューなどでよく家族の話をしているので、ファンにはお馴染みですね。

子供の頃から仲が良く、重岡大毅さんはなんでもお姉さんの真似をしていたんだとか。兄の真似をする弟という話はよくありますが、姉の真似をする弟というのは珍しいですね。

幼少期のエピソードでファンの間で有名なのは、やはり「しずかちゃん事件」でしょう。

 

アニメ「ドラえもん」のしずかちゃんの入浴シーンに興味を持った重岡大毅さんが、画面を一時停止して見入っていたところをお姉さんに発見され、それをネタにお手伝いなどをアレコレ押し付けられたんだとか。

年頃の少年だった重岡大毅さんは、自分の言動を母親に告げ口されたくなくて、お姉さんに言われるがままになっていたんだそう。

なんとも可愛らしいエピソードですね。

お母さんもとても面白い人らしく、幼少期の重岡大毅さんが他人から飴を貰ったところ、「他人から貰ったモノにはありんこが入っているから捨てろ」と教えられたんだそう。

関西のおばちゃんはよく他人の子供に飴をくれるものですが、母親からすれば、確かに心配ですから、息子を守るために発言したのでしょうね。

重岡大毅さんのお母さんはお茶目な性格で、話を盛る癖があることから「盛り岡」というニックネームがついていると語られています。

重岡大毅さんも、メンバーから「盛り岡」と言われています。

 

 

サービス精神が旺盛な関西気質なんでしょうね。

AD
広告

重岡大毅ピアノ歴は?いつから?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 歯ッハーン (@nikoshigedaiki) on

 

重岡大毅は、コンサートでピアノの腕前を披露することもあるほどピアノが上手です。

いつからピアノを始めたのでしょうか?

ピアノを始めたきっかけは、2014年に出演したドラマ「ごめんね青春!」でした。

 

 

ピアノが上手いジャニーズといえば、他にもV6の岡田准一さんやSexyZoneの中島健人さんらがいますが、実母がピアノの先生で実姉がピアニストという岡田准一さんや、小学2年生からピアノを習い中学時代にはコンクールに出ていたという中島健人さんのように幼少期から練習していた人とは違い、重岡大毅さんはドラマのためにピアノを始めたのでピアノ歴はかなり浅いです。

 

 

大人になってから楽器を始めることは難しいとされていますし、何年も習った人でも日常練習を欠かすとアッという間に弾けなくなってしまうのがピアノという楽器です。

ほんの数年でコンサートで披露できるレベルになった重岡大毅さんは、よっぽど練習熱心ということが伺えます。

重岡大毅の演技力!ドラマ「これは経費で落ちません」で新人賞受賞

 

19回コンフィデンスアワードでは重岡大毅は新人賞を受賞しています。

 

重岡大毅の性格悪い?優しい?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ¿☆桐*重☆¿ (@airi.kiri.shige5155) on

 

いつも笑顔でニコニコしているイメージの重岡大毅さんですが、「天然」「優しい」と言われることが多い一方、「性格悪そう」と言われることもある模様。

その理由をエピソードと共に探っていきましょう。

重岡大毅さんといえばファンの間では「天然キャラ」として有名です。

「食レポ番組で、飲み物が口に入っているのにレポートしようと口を開いて中身をこぼしてしまった」

「私服ブランドの特定を避けたくてガムテープを服に貼り付けて外出した」

などのエピソードが理由のようです。

 

 

 

重岡大毅仲間思いで性格は優しい

 

重岡大毅さんが所属するジャニーズWESTは、当初は7人組としてデビューが決まっていたものの、途中で藤井流星さん・濵田崇裕さん・神山智洋さんの3人を除いた4人でデビューする話に方向転換されたんだそう。

そのことを受け入れられなかった他の4人が事務所に対して抗議し嘆願を続けた結果、現在の7人でデビューすることができたと明かされています。

このときのことを振り返ったインタビューで、事務所に対して意見するにあたってリーダーシップを取ったのが重岡大毅さんであり、重岡大毅さんがいなければ今の7人ではなかったという話も語られていました。

長年の下積みを経てやっとつかんだデビューへの切符ですから、自分がデビューメンバーから外されるかもしれない不安もあったにも関わらず、事務所に抗議することは並大抵のことではありませんよね。

それでも、1度決まったデビューを白紙にされた3人のために頑張った重岡大毅さんの男気は、桁外れといっても過言ではないでしょう。

重岡大毅 小松菜をかばう男気

 

デビュー後にも映画「溺れるナイフ」の宣伝で出演したバラエティ番組で、女性共演者が罰ゲームでセンブリ茶を飲まなくてはならない場面で「俺、今すっごい喉が渇いた!」と小松菜をかばい

センブリ茶を一気飲みしたこともあります。

優しくて男気のあるエピソードが多数ある重岡大毅さんですが、一方で「性格が悪い」と言われることも。

その理由は、コンサートにおけるファンサービスの少なさ。客席のファンに対して個別に手を振ったりはしないようですね。

しかしこれには理由があって「ファンの人を特別扱いしたくない」「応援してくれる人に陽同に接したい」と重岡大毅さん本人が語っています。

ファンサービスの少なさは、性格が悪いのではなく、重岡大毅さんなりに考え抜いた優しさのようですね。

コメント