安藤優子がグッディでひどい!謝罪は無し?番組欠席で今後は?

芸能News

ワイドショー番組『直撃LIVE グッディ!』で、MCを務める安藤優子の池江璃花子さんへの不適切な発言と態度でネットが炎上しています

「神様が試練を与えたのかな」 と、笑いながら言う・・・

安藤優子のグッディでの失言は今回が初めてではありませんでした。

過去の炎上やバトルなど調べてみました。それでは今回の池江璃花子さんの件についてからご覧ください。

安藤優子の結婚や旦那の記事は ↓ こちらからどうぞ↓

 

池江璃花子への失言とは

競泳の池江璃花子選手がツイッター上で白血病と診断されたことを明かしたが、番組では「速報」として池江選手に関する報道を行った。

今回問題となっているのは、これを受けたメインキャスターを務める安藤優子キャスターのコメント

「本人の努力もあるんでしょうけど、天が二物を与えたというくらいのすごい天才ぶりだし」と前置きしつつ、

かわいらしさとすべて持ってると思ったんですけど 神様がちょっと試練を与えたのかなと思いますと発言していた。

そのコメント直後の笑顔で意味不明の行動をしている安藤優子さんと、その行動を見ている ミタパンです。

安藤優子どうしたの正気じゃない・・・

この炎上に対してかは分かりませんが、池江選手が後日出したコメントが聡明でした。

池江璃花子選手がコメントを

「私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています」と思いを記し、完治を目指し戦っていく決意を明かしている。

急がず体調を万全にして心穏やかに過ごせるようになって欲しい。

次のオリンピックはダメでも、その次のオリンピックでメダルを狙って欲しいと願っています。

これに対してツイッターの声は?

 

 

ツイッター批判は止まらず。。。

当たり前ですよね。安藤優子さん報道の仕事をなさっているのだから言葉をご存知なはずですし、現在の状況を正しく伝え、自身の見解を述べるのが仕事とすれば不適切極まりないと思います。

今回の池江選手への不適切発言以外にもまだまだありました。

perfumeへの不適切発言

2018年の夏のことでした。

この夏の甲子園で秋田県代表の金足農業を準優勝に導いたエース・吉田輝星投手についての特集を放送。その中で吉田選手の好きな歌手について、出演者が当てる展開になり、安藤は高橋克実に回答を求めた。

 高橋は「世代的なものですからね。きっと…」と前置きし、Perfumeの名前を挙げた。

すると、安藤は「えぇー!? すんごい昔の人でしょ、それ

これもどうなんでしょうか?Perfumeはリアルで活動中です。
友達と雑談でもしている感覚でいらっしゃるのでしょうか?テレビ出演中にもかかわらず失言がひどすぎます。

浅田真央の引退

2017年浅田真央引退表明

安藤優子が発した一言にスケートファンから非難の声が次々と上がっている。

「安藤は真央ちゃんの代名詞でもあるトリプルアクセルについて、『今ではみなトリプルアクセルを跳ぶようになりました』とドヤ顔で発言したんです。

実際は、トリプルアクセルを跳べるのは数えるほどしかいないのですが‥‥」

なにか根拠があったでしょうか?報道の仕事をしている方はもう少し考えてコメントされるのかと思っていたのですが・・・

そして、この放送の時も安藤優子は笑っていたそうです。

今回の池江選手も浅田選手についてのTwitterの反応は?

バッシングされていますが、正当な意見も多いようですね。

高木美保へも失態

スタジオには金銀銅3色のメダルを獲得したスピードスケート女子・高木美帆選手が、3つのメダルを首にかけて登場。

すると、安藤優子キャスターが突然、「失礼いたします」と言いながらメダルをつかんだ。さらに「首こりません?」「これハンパない重さですよ」と、メダルを揺らしながらコメントした。

そう面識のない人のメダルを触るのはどうかと思いますが、ネットが炎上する理由は、安藤優子さん自身が嫌われている状態なのでしょうか?

安藤優子の今後は?

池江選手の報道の翌日からグッディを欠席しています。

番組冒頭、高橋は「今日も安藤さんは…」と切り出すと三田友梨佳アナウンサーが「体調不良、発熱のためお休みということです」と説明。

高橋は「熱は下がったという風には聞いているんです。大事をとって、念のためもう一日ぐらいと言いました」と、すでに体調は回復しているが、念のため、自宅療養していると説明

発熱がインフルエンザであれば、5日間自宅待機になるでしょうし、体調は万全に整えてから復帰して頂きたいですね!今回の炎上も含め、口は禍の元といいますので、気を引き締めて欲しいと思います。

人生の先輩に向けて、気を引き締めてとは言い過ぎかもしれませんが、他山の石として受け止めようと思います。

最後まで読んで下さって有難う御座いました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.