ケンタロウの現在は事故から奇跡の回復!母親小林カツ代伝授のレシピが人気

料理研究家

『男子ごはん』や『きょうの料理』などテレビ出演も多かった料理研究家のケンタロウさん、首都高でバイク事故を起こし現在は療養中です。奇跡の回復を見せているその状況は?母親小林カツ代さんの愛の詰まったドライカレーレシピやフライパンで作る肉じゃが、ハンバーグなど特に人気のレシピも調べてみました!

広告
スポンサーリンク

料理研究家ケンタロウ

芸名:ケンタロウ
本名:小林健太郎(こばやし けんたろう)
生年月日:1972年10月3日
出身高校:学校法人明星学園
最終学歴:武蔵野美術大学短期大学部

大学在学中イラストレーターだったケンタロウさん、1995年に母の小林カツ代さんとの共著本を出版しています。

ケンタロウバイク事故現場や原因は?

ケンタロウがバイク事故を起こしたのは2012年2月のことでした

 ケンタロウは4日午後11時40分ころ、外苑出口に下りる側道の左カーブを曲がりきれず右側壁にはね飛ばされ、大型バイクは高速道路上に残ったが、体が跳ね上げられて壁を越えて飛び出したと見られる。通行人が「人が倒れている」と110番通報して発見された。ただちに病院に運ばれ、骨折した脚と頭をの手術を受けた。

https://www.j-cast.com/tv/2012/02/06121252.html

幸いにも命に別状はなかったものの、左大腿骨骨折、右足関節脱臼骨折、顔面骨折に加え、脳挫傷、外傷性くも膜下出血、全身強打したケンタロウさんは、事故の後遺症で脳の神経にダメージが強く高次脳機能障害となり療養に専念することに。

首都高速で起こした事故の原因は、天候や飲酒運転などと噂されましたが、

真冬の深夜だったため、路面に凍結していたのではないか?と。ケンタロウさんはお酒が飲めないそうです。

>>あの芸能人の現在は? 今なにしてる?

ケンタロウの母小林カツ代(料理研究家)

母親、小林カツ代さんは、1937年大阪市で製菓材料の卸問屋を経営する家に生まれました。裕福な家庭で育った小林カツ代さんは、幼い頃からフランス料理や日本料理などを食し舌は肥えていたのだそうです。ただ、料理はあまりしていなかったらしく、21歳で主婦になった頃は料理はできなかったのだとか。小林カツ代さんはそこから一念発起し、料理を学び上達し、テレビのワイドショーに投稿したことをきっかけに料理家として活躍されるようになりました。

『料理の鉄人』という料理人が対決する超人気番組で、陳建一さんに勝利をしたことや

英語版の料理本『The Quick and Easy Japanese Cookbook』がグルマンの最優秀賞を受賞したことでも有名で、エッセイなども書いており書籍は100冊以上にも及ぶそうです。

多忙な生活を送っていた小林カツ代さんは2005年8月にくも膜下出血で療養となり

事故を起こす前までは、ケンタロウさんが母小林カツ代さんの看病をしていたそうです。

そして2012年ケンタロウさんがバイク事故で療養中の2014に多臓器不全で他界されました。

嫁マキさんの懸命なサポート

フードスタイリストの大谷マキさんと結婚したのは2012年。

葉山の一戸建てに住んでいましたが、ケンタロウさんの入院する病院の近くに引っ越しし、

毎日ケンタロウさんに話しかけ、懸命に看病していました。

ケンタロウさんの入院から一年経った頃、ケンタロウさんはマキさんの頭を撫でるようにまで回復したそうです。

2013年6月自宅に戻り、自宅でマキさんがサポートながら、懸命なリハビリを続けているのだそうです。

ケンタロウの現在は?回復は?

事故後は、て明日を動かすことができなかったケンタロウさん、事故から8年たった今は

コギーという車椅子に乗れるまでに回復しています。

一日8時間にも及ぶリハビリをしたり、懸命に頑張っているそうです。

祝男子ごはん10周年!ケンタロウさんからの手紙が!

日曜の昼に放送される太一×ケンタロウの男子ごはんは降板し、現在は、栗原心平さんが

引き継いでいます。

10周年を迎えた番組に、ケンタロウさんが自筆の手紙を送っていました。

10周年おめでとうございます。

今やテレビのこっちがわと向こう側の人間って関係だけれど二人の男子ごはんを見られてうれしい。そう手紙に綴ったケンタロウさん。

料理人のケンタロウさんがいつか必ず包丁を握れるようにフライパンを振る姿がみたいですね!

ケンタロウの人気レシピ

男性っぽいがッツリ系のお料理もお得意なケンタロウのレシピの中でも、小林カツ代さんから伝授?のレシピが人気です!

ドライカレー

幼い頃、忙しい母親が手早く作ってくれた思い出の母の味だそうです。

ドライカレーレシピ2人分

【材料】

合挽き肉・・・100g
赤パプリカ・・・1/2個(みじん切り)ピーマン・・・1個(みじん切り)セロリ・・・1/2本(みじん切り)玉ねぎ・・・1/2個(みじん切り)にんにく・しょうが・・・各1片

【調味料】
 カレー粉・・・大さじ1 しょうゆ・ウスターソース・・・各大さじ1/2 オイスターソース・・・小さじ1 砂糖・・・2つまみ塩・こしょう・・・各少々サラダ油・・・大さじ1

1.赤パプリカ(1/2個)、ピーマン(1個)は1cm角に切り、セロリ(1/2本) は茎の皮をピーラーでむいて粗みじん切りにします。 玉ねぎ(1/2個)、にんにく・しょうが(各1片)切りにします。 
2.フライパンを熱してサラダ油(大1)をひき、にんにく、しょうが、玉ねぎ、セロリを強火で炒めます。
3.玉ねぎ、セロリがしんなりしたら、挽き肉(100g)を加えてほぐしながら炒めます。 
4.肉の色がほぼ変わったらパプリカ、ピーマンを加えて炒めます。 
5.しんなりしたら(a)のカレー粉(大1)、しょうゆ・ウスターソース(各大1/2)、オイスターソース(小1)、砂糖(2つまみ)を加えて炒め合わせます。味をみて足りなければ塩、こしょう(各少々) で味を調えます

テレビ番組で再現していて味見をしたときに『あ。この味この味』と懐かしそうにニッコリされていました。 ちなみにケンタロウドライカレーは10分もあれば作れるのでおすすめです!

広告

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました