安楽死 医師大久保の大学や経歴!クリニック仙台 妻は大久保三代元代議士

気になる話題
Pocket

ALSの京都女性を安楽死させたと逮捕された医師・大久保愉一(おおくぼゆういち)容疑者の出身大学や経歴、医師としての考えは?ALS女性と医師のツイッター。安楽死と尊厳死とは一体・・・。

AD
広告

スポンサーリンク

大久保愉一医師の出身大学や経歴

 

20003年に弘前大医学部(青森県弘前市)を卒業し、国立病院や東北大学や、厚生労働省・元医療技官でも勤務をしていたそうです。

大久保愉一 医師は名取で開業

大久保医師は宮城県名取で呼吸器内科とメンタルクリックを併用した医院を開業していました。

児童の不登校やひきこもり外来、自由診療ではにんにく注射などの治療もしています。

 

おおくぼ呼吸器内科・メンタルクリニック
〒981-1226 宮城県名取市植松3丁目5-24

AD

京都ALS女性のツイッターとやり取り

京都に住むALSを発症した女性と、大久保はTwitterで連絡を取り合っていたそうでうs。

引用イザ

大久保医師のブログ

大久保医師はブログ「高齢者を枯らす技術」を書いていた。

安楽死という記事のしめくくりには

では私個人としては、神経難病などで「日々生きていることすら苦痛だ」という方には、横浜地裁の要件はそれはそれとして、一服盛るなり、注射一発してあげて、楽になってもらったらいいと思っています。難病の方は生活も困窮していたり、雀の涙の障害年金で生きていたりするので、キリコ先生みたいに「安楽死は500万」なんてふっかけても支払えないでしょう。ヤバい仕事とは思いませんが、訴追されてプーになるリスクを背負うのに、まったくのボランティアではやってられません。一つ一つはしょぼい役でも、組み合わせることで「数え役満」になって安楽に逝けるようなテクニックを示した、教科書がわりに役に立つブログ記事がかけたらいいと思っています。みなさんも知恵がありましたら、ご教示いただければ幸いです。

引用https://mhlworz.blogspot.com/2019/

知恵まで求めてる・・・。

大久保医師の考え方ってどうなの?

大久保医師考えや著書

 

大久保医師は、Kindleで著書を販売している。

題名も怖いけど内容も・・・。

認知症で家族を長年泣かせてきた老人、ギャンブルで借金を重ねて妻や子供を不幸に陥れた老人。そんな「今すぐ死んでほしい」といわれる老人を、証拠を残さず、共犯者もいらず、スコップや大掛かりな設備もなしに消せる方法がある。医療に紛れて人を死なせることだ。病室に普通にあるものを使えば、急変とか病気の自然経過に見せかけて患者を死なせることができてしまう。違和感のない病死を演出できれば警察の出る幕はないし、臨場した検視官ですら犯罪かどうかを見抜けないこともある。荼毘に付されれば完全犯罪だ。。

AmazonKindleより引用

人を消すという言い方もどうなの。

大久保医師のTwitterには見た目からは想像できない口調や信じられない投稿が多く

アンケートまで取っていた。

 

自身のクリニックに来た患者のこともTwitterに投稿。

考え方間違ってない?人間って本当は何考えてるかわからない・・・。

医者だからと権威性だけで人を見るのは良くない気がする。

 

AD

妻は元代議士大久保みよ!夫はアスペルガーだった

大久保みよのブログには

私が国会議員在職中、次女と私の命を懸けて取り組んだのが「難病の患者に対する医療等に関する法律」だったのです。2013年秋、切迫早産で絶対安静を強いられていた私は、たった一度だけ入院先の広尾日赤病院に外出許可願いを出したことがあります。

そして介護タクシーと、リクライニング付き車いすを手配し、会議に出席しました。そのとき付き添ってくれたのは夫です。私が同法案の成立に懸けた思いは「治療法を見つけるための予算を確保するとともに治療法を見つけるために精度の高いデータをあつめられるよう、診断基準と診断にあたる医師の要件を明確化すること」でした。

私と次女の命を懸けた難病PT出席に付き添ったのは一体なんだったのかと、涙も出ません。思いを共有してたわけではなく、うるさいから付き添っただけだったんだなー。ただただ脱力。

安楽死の判断や解釈を決めるのは、国会であり臨床現場ではありません。現行の法制度がおかしいと思うなら、まず選挙に受かって、国会で議論しろや!!

そもそもあなたが次女のおむつ替えやミルクを、議員宿舎でやってれば、私が厚生労働委員会で、働き続けられたのに。あなたの思いを、国会でぶつけたのに。

「俺の晩飯は?子どもの世話は妻の役目でしょ母親失格だね~」と議席から引きずり降ろしておいて、何が法制度の矛盾だよ。

警察の方には「面会にも差し入れにもいきません。私選弁護人もたてません。夫が自分でやったことですから、自分で説明し、責任をとっていただきます。」と伝えました。

引用大久保みよブログ

誰に向けてブログ書いてるんだろう?

そして別の記事「たったひとつの後悔」では

アスペルガー症候群をもつ夫と結婚し、こちらの気持ちを察したり、深く読み取ったり、空気を読んだりすることができず、約束も守れないため、本当に苦労しました。ただ体の相性だけはとてもよかったので、最後の晩、抱き合えばよかったと、たった一つの後悔を感じています。

引用https://ameblo.jp/okb-34/entry-12613116760.html

怖すぎる!!!何回も書いてる。

安楽死と尊厳死を考える前に、いろんな事でとても複雑な思をする事件です。

 

コメント