オリンピック中止の可能性も?過去の事例は戦争のみ?

コロナ
Pocket

新型コロナで2020年東京オリンピックが1年延期になりました。いつまで続くか分からない新型コロナの影響もあり、中止になるのではとも。オリンピック、1940年の札幌オリンピック中止を最後に過去に5回の事例があります。中止の内容と、SNSでも話題の予言をまとめています。

AD
広告

スポンサーリンク

オリンピック過去の中止は札幌が最後?事例は戦争だった!

過去に中止になった事例は、全部で5回です。

【中止になった夏季オリンピック】

AD
広告

第6回ベルリンオリンピック(1916年)

 

1916年にドイツで行われる予定であったベルリンオリンピックは、第一次世界大戦が長期化したため中止となった。

 

第12回 東京オリンピック(1940年)

 

欧米で開催されていたオリンピックを、初めてアジアに誘致に成功。

1940年、日本・東京で開催予定だったが、日中戦争の悪化により中止となった。

その後、オリンピック選抜で次点だったヘルシンキに誘致されるが、第二次世界大戦により12回オリンピックは行われなかった。

 

第13回 ロンドンオリンピック(1944年)

第二次世界大戦(ヒトラーがポーランドに侵略)し延期となり、1944年にはIOCのあるスイスでオリンピックの行事のみ行われ、4年後の1948年に繰越されイギリス・ロンドンで開催となった。

 

 

【中止になった冬季オリンピック】

第12回 札幌オリンピック(1940年) 

 

アジアで初めての冬季オリンピックとなる予定だったが、日中戦争により中止。

開催権を返上し、冬季オリンピックは叶わなかった。

コルチナ・ダンペッツオ(イタリア)(1944年)

第二次世界大戦により中止され、幻のオリンピックとなった。

 

夏季オリンピックは繰越も可能だが、冬季オリンピックは通し番号が付かないため次回に持ち越せない。

過去5回中止になった理由はすべて戦争。

 

はたして日本は3回目のオリンピック中止になってしまうのだろうか?

オリンピック中止の可能性は?フランスがJOC竹田会長の捜査は?

 

 

 

JOC竹田会長の贈賄容疑の内容とは?

 

すでにやっかいな状態にある日本とフランスの関係がさらに複雑になりかねない事態が起きている。日本時間1月9日午前2時半、フランスのル・モンド紙が、フランスで日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が「積極的な汚職」で起訴されたと報じたのだ

竹田氏による汚職疑惑が浮上したのは2016年のことだ。

JOCがシンガポールに拠点を置くコンサルティング会社、ブラック・タイディングスに約200万ドル(約2.3億円)の「コンサルティング料」を支払ったことが贈賄容疑にあたる可能性があるとしてフランスの予審判事が正式捜査を開始したことが明らかになった

竹田氏は、2013年に樋口修資・招致委員会元事務局長から国際オリンピック委員会(IOC)、特に国際陸上競技連盟(IAAF)へのロビー活動を積極化するよう要請されたほか、IAAFと強いコネと持つとして電通が勧めたブラック・タイディングスに「報告書」を作成してもらうよう命じられたことを明らかにしたとしている。

騒動を受けて、竹田氏は1月15日に記者会見を開き、汚職を否定。フランス当局の捜査に協力し、身の潔白を証明したいとした。

だが、会見がわずか7分間だったうえ、記者からの質問も一切受け付けなかったことから批判の声が広がっている。

 

https://toyokeizai.net/articles/-/260369

 

黒いものを感じます・・・。

 

JOC竹田会長は辞任に

 

辞任とは汚職が事実なのかもしれませんね。

 

「AKIRA」がオリンピック中止を予言していたと話題に

30年以上も前の漫画ですが、

2020年東京オリンピック開催から中止など予言が当たりすぎていると話題

興味のある人はこちらから

AKIRA 動画

AKIRA 漫画

どちらも31日間無料です。

 

AD
広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました