笑福亭松之助の死去の死因は?明石家さんまへの名言とは?

芸能News

上方お笑い界の笑福亭松之助さんが亡くなられたニュースが飛び込んできました。明石家さんまの師匠としても有名ですよね。

ユニークだった笑福亭松之助師匠と、明石家さんまとのエピソード、名言など振り返ってみましょう。

笑福亭松之助の年齢は93歳

 

ひょうひょうとしたとぼけた味わいや人気タレント、明石家さんまさんの師匠としても親しまれた上方落語界の最長老、笑福亭松之助(しょうふくてい・まつのすけ、本名・明石徳三=あかし・とくぞう)さんが22日、老衰のため死去した。

93歳。葬儀は近親者で営み、後日、お別れの会を行う。喪主は長男の落語家、明石家(あかしや)のんき(本名・明石弘之=あかし・ひろゆき)さん。

93歳という大往生で笑福亭松之助師匠がこの世を去られました。ご冥福をお祈りいたします。

松之助師匠は、上方お笑い界の最長老だったそうです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. 上方落語界の最長老で、明石家さんまさんの師匠でもある、落語家の笑福亭松之助(しょうふくてい・まつのすけ、本名・明石徳三=あかし・とくぞう)さんが2019年2月22日午後3時すぎ、老衰のため兵庫県西宮市の病院で死去した。 93歳だった。 神戸市兵庫区出身。 葬儀は近親者のみで執り行い、後日、お別れの会を開く予定。 . 神戸・新開地で生まれ育ち、寄席好きの母親の影響で幼いころから演芸場に通った。 1948年に故五代目笑福亭松鶴に入門。 約1年半後に師匠が死去し、故桂米朝さんも師事した故四代目桂米団治に教わった。 . 古典落語のほか、シェークスピア劇を題材にした創作落語なども手掛けた。 宝塚新芸座を経て、草創期の吉本新喜劇では作・演出もこなし、映画やテレビ、ラジオにも出演。 ニュース番組のコメンテーターを務めるなど幅広く活躍した。 . 2008年、大阪のなんばグランド花月で開いた「芸能生活60周年記念公演」では愛弟子の明石家さんまさんと対談。 米寿を迎えても約1時間の大ネタを演じるなど晩年も高座に上がった。 2016年には自らの人生をつづった著書「草や木のように生きられたら」を発表した。 . . #訃報 #落語家の笑福亭松之助さん死去 #上方落語界の最長老 #明石家さんまの師匠 #明石家さんま #師匠 #笑福亭松之助 #明石徳三 #落語家 #上方落語家 #噺家 #落語 #上方落語 #2019年2月22日逝去 #93歳没 #老衰 #さんまさんショックだろうなぁ #人前で涙を一切見せた事がないさんまさんが泣くかも知れない #御冥福をお祈り申し上げます #神戸新聞NEXT #神戸新聞 #神戸新聞社 #2019年2月22日 #芸能ニュース

天吉sasさん(@sas.tenkichi)がシェアした投稿 –

喪主である息子さんも落語をされているようです。

笑福亭松之助の息子は明石家のんき

芸名は「明石家のんき」さんで、現在51歳です。40代の時のお子さん?実は・・・

笑福亭松之助さんは2度の結婚歴があり最初の奥さん宝塚歌劇団の団員だったそうです。

その際、2人の子どもをもうけましたが、離婚してからは疎遠のようです

次の奥さんとの間には息子さんが2人いて、長男は笑福亭梅之助代目(明石家のんき)さん、次男はパーポ明石さんといいます。

どうやら師匠はバツイチだったようです。

たくさんの方に愛されてきた師匠を慕っていた方がたくさんいらっしゃいました。

笑福亭松之助の弟子は明石家さんまだけ?

1974年2月、後に明石家さんまとなる、杉本高文(すぎもと たかふみ)が高校3年の時に弟子入りします。

さんまは寄席に行っても意地でも笑うかとライバル視していたようなところがあった。だが、松之助のネタだけは本気で笑ってしまったのだ。

「この人の言うことだったら聞ける」

そう思ったさんまは、その年の年末に松之助に弟子入りの直訴をした。

「なんでわしを選んだんや?」

と聞く松之助にまだ高校生のさんまはキッパリと言った。

「はい、センスよろしいから

このアホ、わしのことをセンセあるってぬかしやがる。

そんな不遜でふざけた青年を見て「波長があう」と感じた松之助は、ガハハと大笑いした。

素敵なエピソードです。この師匠との出会いがあったから今の明石家さんまがあるんですね。人の個性を生かすのはいい出会い、繋がりがあってこそだと思うのです。

明石家さんまは弟子入りしてから、師匠から学んだ名言がたくさんあったそうです。

名言と教え

掃除をしていると師匠が、『それ、楽しいか』って言うんです。『いいえ』って答えると『そやろ』って。『そういうのが楽しいわけがない』と、おっしゃるんですね。

そのときに、師匠に、『掃除はどうしたら楽しいか考えろ』 って言われたんですけど、そこでしたねぇ。あの、掃除なんて、楽しくなるわけがないんですよ。 ところが、『楽しくなることを考えてることは楽しい』。っていうところにね、18歳のときに気づかせていただいたのが非常に助かりましたね。

多くの人は師弟関係だと怒ることも多いと思います。こういった気づかせ方で学ばせて頂ける人は人生で宝ですよね。

大成された明石家さんまさんの番組「さんまのまんま」に笑福亭松之助師匠が出演されて、掛け合いをされるのがとても楽しみだったのですが、今後見られないのは残念です。信用があってこその言い合いは、関西人の私にはとても楽しいものでした。

笑福亭松之助師匠、どうぞ安らかに永眠されますようお祈り申し上げます。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.