えなりかずきと泉ピン子の不仲は子役時代からの確執?事務所は?

俳優
AD
AD
Pocket

子役時代から有名な、えなりかずき。『渡る世間に鬼はなし』では母親役の泉ピン子と不仲で共演NGの報道が!その理由は?事務所との確執も?脚本家橋田壽賀子の言葉が怖い!!えなりかずきの今後は?

AD

泉ピン子と不仲で共演NG?(渡る世間に鬼はなし)

『渡る世間に鬼はなし』は、1990年から30年続く長寿番組で

2011年以降シリーズ放送されなくなった今も

年に一度スペシャル版としても放送されており

えなりかずきは5歳の時から『小島 眞』役で出演。

 

2015年頃から

母親役の泉ピン子と、えなりかずきの

共演場面がなくなっているというのです。

 

週刊文春が泉ピン子とえなりかずきの共演はNGである!と報じています。

その内容とは?

橋田氏によると、

えなりはピン子と共演すると発疹が出たり、おかしくなってしまうといいます。

そうした事情によって脚本が書けない状態になっていることに、

橋田氏は『(共演NGに関して)私、えなり君にものを言うのも嫌なのね。

そういう申し出をすること自体、私は頭にくる』と激怒しているようです」

https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_218216/

 

30年の間に何があったのでしょうか?

えなりかずきと泉ピン子の不仲な理由は事務所マネージャーの母親が原因?

 

元ミュージシャンの父と元歌手の母の間に生まれたえなりは、幼稚園に行く代わりに劇団と音楽教室に通った。

 5才にして『渡鬼』デビューすると、父が社長で母がマネジャー、所属タレントはえなりと弟・江成正元(30才)のみという個人事務所で芸能活動を続けてきた。

一家で芸能界を渡り歩いているだけに結束は固い。

芸能界を生き抜く一家の中心となったのが、えなりの母だった。

えなりくんは“あの子に近づくな”と母親に言われれば距離を置くし、あの人に挨拶しなさいと言われればそうする。母親が公私ともに支えているといえば聞こえはいいが、実際の彼は母親の操り人形みたいで、なんだか気の毒でした

 

一方のピン子もえなりにとっては大きな存在だ。

子宝に恵まれなかったピン子は、5才から共演するえなりをわが子のように接してきた。ピン子さんは芸に細かく、撮影中も遠慮なくえなりさんを叱っていました。

大人になったえなりさんは、だんだんプライドが傷つけられる思いをするようになったようです。その姿を見ていたお母さんが“そこまで言われる必要があるのか”と周囲にグチをこぼすようになったんです。

2人の母の間で揺れ動いたのはえなりだ。

深まる一方の母親とピン子との確執に悩んでいた――そして、ある決意をしたという。

「ドラマ上で結婚して嫁姑問題の描写が多くなりそうな2016年頃から、『もう限界です。渡鬼を降板させてください』と関係者に頭を下げ続けていたようです。芸能界を生きていく上で、それがどれだけ重い一言かわかった上で、えなりくんはそう言うしかなかった。その思いが今回、表沙汰になったのでしょう

引用https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/postseven/entertainment/postseven-1467458?fm=topics

二人の母親の確執とでもいうのでしょうか。

渡る世間に鬼はなしの出演はどうなるのでしょう?

広告
AD

えなりかずき渡鬼『小島 眞』 が居なくなる?

 そんな橋田氏は、かねてより、「私は嫌いな役者は、作中で出張させたり、死なせたりします」と公言している。

実際、石野真子は本編では何も語られないまま第7シリーズですでに故人に

木の実ナナはガンで、香川照之は仕事中にクモ膜下出血で倒れ、いずれも死亡。

他にも愛川欣也、原ひさ子など、橋田氏にとって癇に障る発言をしたとされる役者たちが、『渡鬼』内で死去、あるいは何の説明もなく消えるケースが続出しています

今回、橋田氏が文春に正面から答えたということで、えなり演じる眞は『渡鬼』から永久追放。来年“死亡扱い”になっている可能性はかなり高いでしょう」

https://www.cyzo.com/2019/10/post_218216_entry.html

えなりかずきも故人にされる可能性が大きいようです。

AD

えなりかずきの子役時代は?(画像)

渡る世間に鬼はなし第1話(1990年)

 

引用TBS

 

中学生になったえなりかずき

 

 

大人になったえなりかずき

 

子役時代と顔変わってないw

 

随分、身長が高くなってる!?

えなりかずきの身長は?年齢は?

大人になったえなりかずきの身長は167cm

生年月日は1984年11月9日年

5歳で出演した『渡る世間に鬼はなし』がデビュー作品ではなく

3歳の頃に『志村けんのだいじょうぶだぁ』ですでにデビューしてたのだとか。

広告
AD

えなりかずきの弟・江成正元も子役だった

江成 正元(えなり まさもと)

えなりかずきの5歳下で、1989年1月1日 生まれ。

引用 タレント名鑑

弟も子役で1990年、1歳のときに、NHKの大河ドラマ『飛ぶが如く』でデビューしました。

大学に進学し、大人になってからは役者をされていないようです。

 

『渡鬼』以外のえなりかずきの仕事は?

今どうしてるのでしょう?

えなりかずきの現在も独身?結婚してるの?

 

引用https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20111212/enn1112121022000-n1.htm

09年にフルート奏者yumiと熱愛報道もありましたが、破局。

その後は?

19年に出演した『踊る!さんま御殿!!』の「コンプレックスを抱える芸能人」として番組に登場すると、女性たちがイケメンばかりを見ていることが気になって仕方ないとのこと。

そして卑屈な性格ゆえなのか、えなりは女性たちの視線をじっと追い、自分とイケメンをそれぞれ何秒ずつ見ているか手元の時計でカウントして比較していることも。

さらに女性たちによく思われたいからなのか、タクシー代を多めに渡すことまであるという。

・・・・・。怖いw

えなりかずきは現在も独身のようです。

AD

コメント