君島十和子の娘の宝塚歌劇の芸名は?君島十和子の若いころの画像あり!

Pocket

実業家で、元モデル・女優の君島十和子さん、50歳を超えてもお綺麗ですね!婚外子であったご主人、宝塚歌劇団の娘さんなど君島家について調べてみました。

君島十和子さんのプロフィール

名前:君島十和子(きみじまとわこ)

旧姓は吉川

生年月日:1966年5月30日(52歳)

出身地:東京豊島区

身長:167㎝

体重:48㎏

BMI:17.2

学歴:日本女子大学付属高等学校卒業

君島十和子さんは日本女子大学付属豊明幼稚園に入園し、付属高等学校まで進学します。中学時代より「吉川とわ子」の芸名で活動を始め、高校時代には「mc sister」「週刊セブンティーン」などに掲載されました。

日本女子大学付属高校3年のときに「’85JAL沖縄キャンペーンガール」に選ばれて、1986年には「JJ」の専属モデルとなりました。1988年にNHK銀河テレビ小説「新橋鳥森口青春篇」で女優デビューし、以降映画・テレビ・舞台と活躍されてきました。

1995年に君島一郎(デザイナー)の婚外子である君島明(現在は君島誉幸に改名)と入籍し、芸能界を引退されています。

君島十和子さんの旦那さん

君島十和子さんの夫は有名ファッションデザイナー君島一郎さんの婚外子である君島明(現在は君島 誉幸に改名)さんで、1995年の結婚発表を機に、君島明さんが君島一郎さんの婚外子であること、さらに明さん自身も婚外子をもうけていたことが知れ渡りました。君島一郎さんのブランド「kimijima」は皇室やパリ社交界などのセレブ御用達のファッションブランドとして高い評価を受けていました。当初は君島立洋さんが副社長に就任し片腕として働いていましたが、「IT企業を立ち上げたい」としてわずか半年で退任。そしてもともと皮膚科医であった君島 誉幸さんが副社長に就任し、kimijimaブランドを支えることになりました。

1996年に君島一郎さんが亡くなり経営は君島 誉幸さんが引き継ぐかのように思われましたが、本妻と君島立洋さんが遺産の権利を主張し、遺産相続の争いが勃発しました。メディアで連日スキャンダラスに取り上げられ、君島ブランドのイメージが失墜し服の作り手の不在などの問題もあり売り上げが激減し、ついには40億円もの負債を抱え、倒産してしまいます。法人や店舗は君島 誉幸さんが相続することになったものの、莫大な借金を背負うことになってしました。

君島十和子さんの借金からの復活劇は?

セレブから一転、借金生活へ。この窮地を救ったのが妻の十和子さんです。十和子さんは広告塔として十和子ブランドの化粧品を開発。「美のカリスマ」の座を獲得します。彼女に憧れる女性を「トワラー」とメディアが取り上げるなどして注目を浴び、美容関連のエッセイも売り上げが伸びました。2005年に「FELICE TOWAKO COSME」フェリーチェ・トワコ。コスメの業績はうなぎ上りだとか。2013年の決算で年商13億でした。「FELICE TOWAKO COSME」の代表取締役は旦那さんで、十和子さんは商品開発担当です。

見事な快進撃ですね!

君島十和子さん美容法を知りたい!

オリジナルブランド「FELICE TOWAKO COSME」は君島十和子さんが納得されたものしか販売されず、質の高い化粧品として@コスメや通販、雑誌などもでもとても高評価です。コスメ以外にもあるのでは?と調べてみました。取材で紹介された君島十和子さんの美容法は。

47℃~48℃の湯舟に入り徐々に50℃まで温度を上げていき20分間浸かる。お風呂を出た後は水シャワーをひざ下に当てる。発酵酵素を取り入れるために味噌、ギリシャヨーグルト、漬物、甘酒を接種する。食後にはバルサミコ酢を炭酸水で割って飲む。

確かに身体によさそうなものを取り入れていらしゃいます。熱湯風呂はマネできなさそうだけども、温度を下げて長時間湯舟に浸かると代謝がよくなりそうですね!オリジナルブランドの中でもサプリなどがあり、君島十和子さんは、肌の免疫力を高めるために「FTCホワイトチャージ(ブライトニング)」を、そして、飲む美容液「PREMIUM」も愛用中とのこと。瓶にも十和子さんが。

君島十和子さんの娘が宝塚に!

1996年に君島十和子さんと君島誉幸さんは結婚し、お二人の間には2人の子さんがいらっしゃいます。1997年に長女の(憂樹さん)、2001年には次女の(幸季さん)が誕生しています。

長女の憂樹さん(ゆうき)さんは幼いころから名門のバレエ教室に通い、母親の十和子さんと同じ学校である日本女子大学付属高校を経て、宝塚音楽学校に入学しました。入学は2014年102期生で競争率26.6倍の難関だったそうです。長女の憂樹さんは宝塚歌劇団月組に所属しています。男役で芸名は蘭世恵翔(らんぜ けいと)で、芸名は恩師の名前から一字を頂き、蘭世恵翔と家族で考えた名前だそうです。

君島十和子さんの若いころ【画像あり】

85JAL沖縄キャンペーンガールのフライヤー

君島十和子さんの宝塚歌劇団好きは有名です!娘さんを宝塚に入れることを希望されてたのでしょうね!今後のご活躍を期待しております!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.